事業案内精麦事業をはじめとする西田精麦の主な事業をご紹介します。

01 精麦事業

精麦事業

焼酎や味噌の原料となる大麦を精麦(セイバク)しています。

詳細はこちら

02 飼料製造事業

飼料製造事業

A飼料専用工場として、単味飼料、混合飼料を製造しています。

詳細はこちら

03 麦製品開発・販売

麦製品開発・販売

麦ご飯、雑穀ごはんの素となる押麦や独自商品ぷちまる君を製造しています。

詳細はこちら

お知らせ・最新情報西田精麦からのお知らせや最新情報を配信します。

  • 2022.03.24 飼料用紙袋が素敵なエコクラフトバッグに変身。

    SDGs-12

    西田精麦のSDGsの取り組み!
    「作る責任、使う責任」

    ◆飼料用紙袋が素敵なエコクラフトバッグに変身。



    今回ご紹介するのは、今では雑誌やネットで話題となっているアップサイクルによって生まれ変わったエコクラフトバッグです!

    アップサイクルとは、捨てられるはずだった廃棄物や不用品にデザインやアイデアをプラスする事で新しい価値・製品にアップグレードすることを言います。
    このエコクラフトバッグの素材は、なんと改版になり利用できなくなった飼料用の紙袋をアップサイクルしたもの!この紙袋は軽い素材でありながら丈夫なので持ち運びに便利、且つ、防水性にも優れているのでちょっとした雨の日にも活躍してくれる商品となります。
    この度大分紙業さまからの提案で、エコクラフトバッグの素材として使用して戴くことになりました。今回、クラフトバッグを作成戴いたのは、高知県にお住まいの久保さんです。
    是非、エコバッグ等として使用いただきたいと思い、ご紹介させて頂きます。

    マチがとても広いです。 耐久性も申し分ございません。

     alt=

    デザインも優しい雰囲気で 動物達の表情がかわいいです。

    西田精麦 SDGs推進プロジェクトメンバーの 下山加良子さん



    SDGs推進プロジェクトメンバーの下山加良子さんの感想は「見た目よりも軽くてとてもしっかりした作り。私はお昼のお弁当・水筒を入れる袋として使いたいと思いました。
    ボンドとホチキスで簡単に制作出来たり、アレンジも手直しも自分で出来るので、我が家も米袋が空いたら子供と一緒に作ってみたいです。現在行っている小学校でのSDGs出前授業にも取り入れてみたい!」とのことでした。


    *西田精麦ではSDGs普及活動の一環として小学校などでのSDGs授業を無償で行っております。近隣の学校の方はご相談ください。

    当社は今後もSDGsの取り組みを積極的に行って参ります。今回、協力戴きました関係者の皆様、誠にありがとうございました。

    この件についての問い合わせ先
    西田精麦株式会社 SDGs推進プロジェクト 上田 美由紀
    TEL : 0965-37-1121 FAX : 0965-37-1418
    e-mail:nagane@westa.co.jp


西田精麦株式会社

0120-698-905
受付時間 / 9:00-17:00 (土日祝祭休み)

〒866-0034 熊本県八代市新港町2-3-4 TEL:0965-37-1121(代) / FAX:0965-37-1418