精麦事業・飼料製造事業・麦製品開発及び販売を行う西田精麦株式会社
西田精麦株式会社

スタッフブログ

今年も大麦の収穫が終了し、検査の時期になりました。

熊本県でも、各地で順次検査が実施されております。

ここ八代では、弊社の関連会社にて収穫された大麦の検査が実施されましたので、

検査に立ち会わせていただきました。

検査場所は、もちろん地元 JAやつしろ管轄の某倉庫前。

複数の検査員の方々が農産物検査手帳をもとに、検査項目に沿って検査が実施されました。

検査風景をちょっと撮ってみました。皆さん、真剣なまなざしで検査をされていました。

【ここで、個人的な視点で今年度の作柄を振り返ってみると】

今年度の大麦は、播種期(種播き)はそこそこの天候でしたが、その後の生育期が低温で

推移したため、生育が悪く、分けつも少なかった事から、反収が低い傾向となりました。

そのため、全体数量が少ない状況との事です。

大麦は、収穫期の雨により品質が大きく左右されますが、幸いにも収穫期は天候に恵まれ、

品質面ではまずまずのように聞いております。

最終的には、各産地の検査結果を確認していきたいと考えております。

そんな振り返りをしている間に、検査も無事に終了しました。

検査員の皆様、どうもおつかれさまでした。



入船立会してきました。

2013年6月14日 金曜日

梅雨の合間を縫って、先日、内航船が入船したので立会してきました。

天気とはいえ、やはり時期的には梅雨、しかも時折雨の予報の為、

湿度の高い中での作業となりました。

今回の船は、『のぞみ』丸 最大1,700㌧の積載が可能な船です。

久々に船を見ようとバリケードの中へ正規手続きを経て入れて頂き、

写真を撮ってきました。

船は、朝8時に着岸し、8時半から荷揚げ作業が開始されました。

写真を撮った時には、晴天にほど近い天候でしたが、

徐々に怪しい雲に覆われ始め、午前中は天候を気にしながらの

作業となりました。

午後は、一転して雨の心配もなく、順調に作業を終える事ができました。

今回は、2種類の原料を搬入するため、船の中はしっかりとした

仕切で分別されており、コンタミの無い事を確認しました。

荷揚げ作業は、写真のようなバケットを船内に投入し、車上へ積み込みます。

その後、指定したサイロへと搬入して頂きました。

荷揚げを終えた後は、船底を綺麗に清掃して作業は終了です。

作業は、ちょうど夕方の5時終了しました。

作業に関わっていただきました皆様、終日の作業、お疲れ様でした。

【おまけ】

折角、船上に乗せていただいたので、八代海を撮ってみました。

近くに見えているのが、三ツ島と呼ばれる3つの島で、奥の方に見えているのが、

天草になります。

八代港は、内海なので、波もなく穏やかな感じが見てとれるのではないでしょうか?



慌ただしい日々

2013年6月3日 月曜日

早いもので、気がつけば、先週には既に梅雨入りしておりました。

が、

先週はあまり雨が降ることもなく、今週もなんだか天気は良さそうな予報が出ておりました。

とはいっても、やはり湿度は高い感じはしておりますが・・・・・

近況を少々、

先週は、ISO14001の第4-1回 定期維持審査があり、準備等の対応にバタバタしておりました。

審査を受けて気がついたのですが、弊社は、ISO14001に取組、認証取得してから13年が経過したことになるんですね。

う~ん。時の経つのは早いですね。

当時を振り返ると、八代でISO14001を取得している会社は、数社しかなく、手探り状態の中、

「とりあえずやってみよう!!」って感じのノリで取り組んでいた気がします。

今は、どちらかというと、「どのように継続していくか」に力を入れているように感じています。

と。何故、昔を振り返ってみようと思ったかといいますと、今年、審査に来られた審査員の方が、

ISOを取得する際の、事前審査、登録審査を担当された方だったので、ちょっと昔話に花が

咲いたものですから・・・・・

また、6月は、何かと官公庁への報告書類提出期限の月になっておりまして、毎年の事では

ありますが、これから優先順位をつけ、取り組んでいく計画としております。

何か有益な情報があれば、お伝えしていきたいと思います。

それでは、蒸し暑い日が続くかと思いますが、健康にご自愛頂ければと思います。



西田精麦株式会社

0120-698-905
受付時間 / 9:00-17:00 (土日祝祭休み)

〒866-0034 熊本県八代市新港町2-3-4 TEL:0965-37-1121(代) / FAX:0965-37-1418