精麦事業・飼料製造事業・麦製品開発及び販売を行う西田精麦株式会社
西田精麦株式会社

スタッフブログ

とうもろこし原料入船

2011年7月26日 火曜日

昨日は、飼料用の主原料である、トウモロコシ原料入船に立会しました。

トウモロコシ原料は、主として、アメリカから輸入しております。本船で八代港に着くケースと他の港で、内航船に積み替えて八代港に着くケースとがありますが、今回は、後者のケースでの八代港荷揚げとなっておりました。トウモロコシの事を自社では、『メイズ』とも呼びますが、この呼称はイギリス英語での呼び方だとか・・・・

作業をされた方にとっては、大変暑い中での荷揚げとなりましたが、終日、天気にも恵まれて、作業は順調に予定通りに完了いたしました。どうもありがとうございました。

写真は、トウモロコシ原料をちょっと拡大したものです。

何か、おいしそうな感じすらしますね(笑)。。。



本日、7月22日は、熊本県での民間流通連絡協議会である地方連絡協議会に参加してきました。

この民間流通連絡協議会とは、今年の冬に作付けを行う麦について、政府担当者、熊本県の担当者、生産者団体と私達実需者団体とが集まり、意見交換を行うもので、麦の生産県、各県にて大体この時期に毎年開催されます。

概要として、今年収穫された熊本県産麦(平成23年産)の状況はというと、作付けや生育は概ね順調(生育期に低温等の影響はあったようでした)でしたが、収穫期の豪雨や季節はずれの台風2号等の影響により、数量・品質共に例年を下回る結果となっている模様でした。等級を決定する検査の方も全体的に例年よりも遅れ気味という感じで、今年収穫された麦の現物を見ることは出来ませんでしたが、近々、確認しておきたいと思います。

自然環境に左右されやすい大麦ですので、生産者の方々には大変な思いをされる年が続いておりますが、これからも大麦栽培をよろしくお願いいたします。



土用 丑の日

2011年7月22日 金曜日

久々の投稿です。コーポレートサイトリニューアルと共によろしくお願いします。

早速ですが、会社のある八代では、台風の名残りでしょうか、昨日は日差しの強い中、乾燥した涼しい風(若干強い風)が吹いており、窓を開けて過ごせる感じがしました。

7月21日といえば、『土用の丑の日』でした。TV等でも取り上げられていましたが、ウナギを食べられた方も多かったのではないでしょうか? そういう私もその中の一人で、夕食は、ウナギを美味しく頂きました。当然、鰻重に使用するのは、「麦ご飯」。ぷちぷちした食感で、相性バツグンって感じですね。是非、おススメです。

夏本場に向けて、頑張っていきましょう!!

 仕上がりは、こんな感じです。

 麦の存在、分かりますか?



西田精麦は、穀物の加工一筋80余年、誠実に正直に取り組んでまいりました。

今後は、さらにお客様に安心・安全で良い物を安くお届けできるように、日々改善してまいります。

お気づきの点等あれば、何なりとお申し付けください。



西田精麦 株式会社
〒866-0034 熊本県八代市新港町2-3-4
0120-698-905
TEL:0965-37-1121(代)
FAX:0965-37-1418

2000年7月28日に、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得いたしました。環境方針に基づき、地球的視野に立ち、良いものを安く創造工夫し社会貢献に努めてまいります。

JIS Q 14001:2004 JSEA 253 UKAS 089