精麦事業・飼料製造事業・麦製品開発及び販売を行う西田精麦株式会社
西田精麦株式会社

スタッフブログ

今年も大麦の収穫が終了し、検査の時期になりました。

熊本県でも、各地で順次検査が実施されております。

ここ八代では、弊社の関連会社にて収穫された大麦の検査が実施されましたので、

検査に立ち会わせていただきました。

検査場所は、もちろん地元 JAやつしろ管轄の某倉庫前。

複数の検査員の方々が農産物検査手帳をもとに、検査項目に沿って検査が実施されました。

検査風景をちょっと撮ってみました。皆さん、真剣なまなざしで検査をされていました。

【ここで、個人的な視点で今年度の作柄を振り返ってみると】

今年度の大麦は、播種期(種播き)はそこそこの天候でしたが、その後の生育期が低温で

推移したため、生育が悪く、分けつも少なかった事から、反収が低い傾向となりました。

そのため、全体数量が少ない状況との事です。

大麦は、収穫期の雨により品質が大きく左右されますが、幸いにも収穫期は天候に恵まれ、

品質面ではまずまずのように聞いております。

最終的には、各産地の検査結果を確認していきたいと考えております。

そんな振り返りをしている間に、検査も無事に終了しました。

検査員の皆様、どうもおつかれさまでした。



コメントを書く


西田精麦 株式会社
〒866-0034 熊本県八代市新港町2-3-4
0120-698-905
TEL:0965-37-1121(代)
FAX:0965-37-1418

2000年7月28日に、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得いたしました。環境方針に基づき、地球的視野に立ち、良いものを安く創造工夫し社会貢献に努めてまいります。

JIS Q 14001:2004 JSEA 253 UKAS 089