精麦事業・飼料製造事業・麦製品開発及び販売を行う西田精麦株式会社
西田精麦株式会社

スタッフブログ

そもそも『精麦』とは・・

2011年8月26日 金曜日

ふと思ったのですが、弊社の会社名になっている『精麦』ってご存じでしょうか?

あんまり、というか業界以外の方にはほぼ知られていないと思いましたので、折角の機会と思い、HP内でも紹介されていますが、ブログの方でもシリーズ化して弊社の仕事内容を私の私感を踏まえて、少しづつ紹介していこうかな。と勝手ながら考えております。

極力、専門用語は控える予定ですが、自然に使ってしまうこともありますので、ご了承下さい。

そこで、続くのか分かりませんが、第1弾として、『精麦』に関して、ご紹介させて頂きます。

お米を玄米から皮を削り白米に加工する工程や加工した製品の事を『精米』といいます。案外、おなじみなのが、「コイン精米機」ではないでしょうか?

大麦も製品にする時には、お米と同様に外皮を削り、加工します。その加工工程や加工した製品の事を『精麦』といいます。

つまり、私たちの会社は、大麦を原料で購入し、焼酎や味噌、並びに食用麦へと加工を行っている会社ということになります。社名にもなっている『精麦』を主業務として、副産物として出てくる外皮や麦の外側(「麦ぬか」といいます。)は、飼料として販売しており、その関係で、飼料用の大麦やトウモロコシ製品も加工しております。飼料に関しては、そのうちアップしていきますね。

「大麦」というのは、石等の異物を除くと、余すところなく利用できるのです。
石等の異物を除去する方法として、大きさの違いによる選別、比重の違いによる選別、色の違いによる選別などがあります。これらの色々な選別機を導入し、選別機の機器、配置、調整等は各メーカーでも違っておりますので、詳細は控えますが、弊社では原料に応じた選別を行うことで、異物を確実に除去し、安心してお使い頂ける商品にしております。

弊社も所属している全麦連(全国精麦工業協同組合連合会)のHPでも「精麦ってな~に?」(下アドレスから見ることができます)でも精麦について、記載がありますので、参考までに見ていただけるとより、深く(?)理解できるかも・・・

http://www.zenbakuren.or.jp/whatsbarley/index.html



コメントを書く


西田精麦株式会社

0120-698-905
受付時間 / 9:00-17:00 (土日祝祭休み)

〒866-0034 熊本県八代市新港町2-3-4 TEL:0965-37-1121(代) / FAX:0965-37-1418